小学生から大人まで、英語の個別指導教室(松戸本校) ★発音・文法・英作文をゼロから丁寧に学べます♪ 英会話に必要なトレーニングを個別に行います!

難しい文法もしっかり学べる!

  • HOME »
  • 難しい文法もしっかり学べる!

本校では、「発音」などの音声学習とは別に、「文法学習」を基礎から応用まで、しっかり学ぶことができます。

「文法が苦手だ」ということが原因で英語が嫌いになってしまった人はたくさんいます。

しかし、文法というものは、単語と違い、「数に限り」があります。

いつまでも永遠に続けなくてはならない、というものではありません。

大学受験で必要とされる単語の数は、およそ「4,000語〜6,000語」程度です。

ところが、文法項目は、細かく分類したとしても、せいぜい「200個」程度しかありません。

この「200個」を、一度、全部学んでしまえば良いのです。

そして、一度学んだ文法を使って、たくさんの英文を作り、たくさんの英文を読み、何度も繰り返し使っていけば良いのです。


とは言え、「200個」もの文法項目を一気に学ぶのは至難の業です。

さらに、文法を理解する際に、学習者に「難しい!」と感じさせるものとして「文法用語」というものがあります。

多くの人が、「品詞だとか、なんとか用法だとか、わけがわからん!」と言って文法用語に躓(つまず)いてしまいます。

しかし、文法用語がなければ、文法を体系的に整理しながら学んでいくことはできません。

文法用語を使うことが「悪」なのではなく、多くの場合は「文法用語に対する十分な説明がないまま授業が進められてしまう」ということが問題なのです。

本校では、約200個もの文法を学習していく際に、必ず、1つ1つの文法用語について十分に学習してきます。

例えば、「修飾する」という言葉ですら、それがどういうことなのか、というところから学んでいくのです。

学校では無視されるような説明を、本校ではゼロからしっかり行います。

そうすると、今まで分からなかった文法が、「なるほど!」という言葉と共に自分の中にストンと落ちます。

しかも、一つの文法項目を一度学んだだけで終わりにするのではなく、何度も何度も繰り返し学習していきます。

繰り返すことで、一度学んだ文法が、自分の中に深く刻まれていくのです。

そうやって、200個ほどある文法項目がそれぞれ自分の中に深く刻まれ、全てが「1つのつながり」を持ったとき、「英語の世界の全体像」が見えてきます。

本校では、全く文法ができなかった人でも、何が原因でわからないのかを徹底的に確認しながら、個人個人の能力に合わせて文法学習を進めていきます。

 

ホームへ戻る

英語に関するご相談、なんでも承ります! TEL 047-308-5271 電話受付:11:00〜19:00/授業:11:00〜21:00

PAGETOP
Copyright © Dupler Corp. All Rights Reserved.